イデコとは個人型確定拠出年金の愛称

イデコというのは、個人型確定拠出年金の愛称です。「個人型確定拠出年金」というのはいかにも堅苦しい名前なので、もっと分かりやすく親しみを持って接してもらいたいということで、このような可愛らしい愛称が付けられています。個人型確定拠出年金というのは、60歳まで引き出すことのできない積立型の年金のことです。国民年金とは別枠の年金制度ということになるのですが、実はまだあまりその存在を知られていません。自営業の人なら年に80万円ほどを所得税の控除に使うことができたりと、利用をすれば効率的に資産形成を進めていくことができます。

効率的に老後資産の形成ができると話題

イデコは、まず積立をするときにも節税をすることができます。控除枠をすべて使えばかなりの節税効果が生まれて、それだけでも収めるべき所得税と住民税が大幅に減額されます。さらに、60歳になったときにお金を引き出すのですが、その際にも税金はあまりかからなくなっています。普通に株式運用をしていると利益の20%ほどがマイナスされてしまうのですが、この制度を使えばその点でも大幅に得ができます。60歳までお金を引き出せないというデメリットはあるのですが、損をするわけではないので加入が推奨されています。

イデコを使うためにはどうすればいいか

イデコが使える銀行というのは、決まっています。どこの銀行でもこの制度を使えるわけではありません。ですから、対応している銀行にまずは口座を作る必要があります。取り扱い商品数も銀行によって違うので、選択可能な銘柄数にも注目はしておくべきでしょう。

自分で増やすことができる個人型確定拠出年金(通称イデコ)は60歳まで毎月一定の掛け金で金融商品を選んで運用し、60歳以降になると今まで運用した資産をうけとれます。掛け金は全額所得控除されます。