法定相続人と基礎控除額

相続税とは、人が亡くなった時一定の金額以上の財産を残している場合にかかる税金のことを言います。言い換えれば一定の金額以上の財産を残していない場合には相続税はかかることはなく、世の中全ての人にかかる税金ではないのです。この一定の金額というのが基礎控除額のことになり、基礎控除額以内の金額の遺産に対して相続税はかからないのです。それではいったいいくら以上の金額に対して相続税はかかるのでしょうか。これも各家庭によって違い、相続税の基礎控除額=3000万円+法定相続人の人数×600万円になります。つまり法定相続人の人数が多いほど基礎控除額が上がり、相続税額も安くなるのです。

法定相続人とは誰のこと?

人が遺産を残して亡くなった時、その遺産を相続できるのは法定相続人だけになります。それでは法定相続人とはいったい誰のことを言うのでしょうか。まず最初に配偶者になります。そして配偶者以外の法定相続人には優先順位があり、1位が子供、2位が父母、3位が兄弟姉妹というような順位になります。それでは兄弟姉妹の配偶者やその子供たちは法定相続人になることができるのでしょうか。答えは、兄弟姉妹の配偶者は法定相続人になれず、その子供たちはなることができます。また、亡くなった人が生前とても仲が良かった人、とてもお世話になった人、子供の頃から本当の兄弟姉妹のように育った人、離婚したこと妻や夫など、このような人たちも法定相続人になることはできません。

相続税の申告は、原則として、被相続人が亡くなった日から起算して10か月以内に行わなければなりません。